滋養強壮について

滋養強壮ってどんな意味? 早漏
「滋養」とは、「体に養分(栄養分)をしみ込ませる」ことを意味します。「強壮」は精力を含め、「体を強く、元気にする」という意味。つまり、滋養強壮とは、先天の気である体質の弱い部分を栄養分で補い、体質を改善して強い体をつくることをいいます。
どんなとき、滋養強壮が必要になるの?
漢方では古くから滋養強壮は、体質の改善にも広く用いられてきました。とくに乳幼児期の虚弱体質に滋養強壮の漢方薬は有効とされています。乳幼児期に滋養強壮を施し、呼吸器系など体の弱い部分を補うことは、体質改善に大きな効果があります。
大人の厄年である女性の33歳、男性の42歳前後は、健康のいわば「中間決算期」にあたり、どんな人でも体の弱いところが出やすい時期です。自分の弱いところをよく知って、丈夫な人も日ごろの健康管理を省みて滋養強壮を施すことが大切です。
滋養強壮作用のある食べ物は?
次にあげる食べ物は、疲れをとり去り、精力をつけるといわれています。
にんにく 疲労回復、かぜ、ぜんそく、細菌性の下痢、利尿など、万病の薬。
玄米 血液の浄化と血行促進作用があり、元気がなく、顔色が悪い人の体質改善に。
えんどうまめ 胃腸虚弱を治す。
だいず 腎(じん)を補う効果が高く、疲労回復と予防に欠かせない。
にんじん 五臓を温めて潤し、疲労回復に有効。
松の実 強壮強精効果が強く、便秘や皮膚の乾燥にもよい早漏
やまいも 滋養強壮、消化促進に最適。
にら 強精作用に加え、血液の循環をよくし、胃腸を温めて、働きをよくする。
エビ 古来より強壮強精食として珍重された。腎臓や生殖器を温めて補う。
ウナギ 中国では栄養価に加え、神秘的な生命力があるといわれ、強精食に。

円満な夫妻性生活を保つため人気媚薬販売サイトがセックスレス解消できる媚薬を販売するようになりました。