私たちの滋養強壮薬時代愛情のあの大雨はまだ降っている

これは不確定な時代だ.私たちは自分に不確定、他の人に対しても不確定します;私達は愛情に対して不確定で、私たちは結婚に対しても不確定します,
男性の自信を戻させるED治療薬シアリス;私達は昨日は確定して、私たちは明日も確定しない.

唯一確かなのは:私達のすべての人は一生に一度少なくともバカは、本当の恋をその度.時々、私たち自分はあのばかです.

pこれも逆の時代だ.社会が必死に進んで行く時、世界中の人はこの時代がこれから退くと思っています.私達の接触の物質生活がますます豊かなとき、私たちが感じる元気な生活はますます貧乏.私たちは、多くの愛の物語が、私たちの発見の本当の愛は、ますます少なくなっていったと聞いている.

p>ない<唯一反対:愛情は私達のすべての人の人生の中の大雨で、この時代がますます多くの人はひっきりなしに自分生命のあの大雨の時には、この時代に全体の情緒のかけらになった別の大雨.

これは史以来の愛情が最も多い時代である.この時代は私たちは貪欲、私たちは、すべてのものはすべて貪欲、愛を含む.この時代の愛情はロマンチックで1場はばかりの大雨.

すぎた情緒、過疎の感じ、過剰な物質需要、小さすぎる精神分野、これらに私たちの時代の複雑な.そして習慣は複雑な社会で,自分の夢を忘れていく簡単で、簡単な生活様式と簡単な愛情.

だから、すべての人の人生の中のあの大雨は、近代的に遅い.

私たちの時代の人の愛情Dnaはちょっと問題、私達は血液の中に殘っている祖先交換式の婚姻の影で、私達はまた頭の中が受け取ったハリウッド映画風のロマンチックな愛情、その2つの相互関係のないDnaつなぐが多くの人に1種の純粋になる愛と世俗価値引かれる愛情異形.異形の愛は長くない:もし愛情になって、1種の交換は、交換の感情、性、物質の条件は、社会に認めましょうか

そう言うだろう、かつての単純な年代の愛情はよくは2粒の心が永遠の恋しい思い、一生の認定と堅持して;今複雑な年代の愛情はいつもは食べて味、噛み終わって吐いたガム.

すると、現代の男の人と女の人に出会う時先に愛情,努力して自分の心を贈り物にする愛情で、華やかなリボンと相手の心で縛って一緒に.ある日まで待って,滋養強壮薬、知らないのはどちらが解けたリボンが、二人の体はすでに現実にこの結び目で縛って一緒に包帯を使用しない、つまりも貼って回あのリボンました.

この時代の愛情の問題は大体このように、愛情も大体こんなに消えてなくて.愛情はそんなに重要ですか?愛は、人生の別の1つの輸出をマスターすることしかできません.私たちの生活方式は私たちがどのように愛を行くことを決定することを決定して、私達の愛の方式は同様に決定して、私達の生活方式は同様に決定して決定する